【重量挙げ】全国男子中学生ウェイトリフティング選手権大会で優勝できました!これが「インソールの答え」だ!

Weightlifting
67kg Class Champion

全国大会で優勝した鈴木太朗くん

鈴木太朗くん(神奈川県)は、中学3年生のウェイトリフティング(重量挙げ)選手です。
今年の5月に、オリンピアサンワーズへ初めてのご来店。
ウェイトリフティングシューズと、トレーニング用の足袋シューズを、オーダーメイド・インソールでフィッティングしました。

その2か月後の7月17日。
彼は、第36回全国男子中学生ウェイトリフティング選手権大会で、念願の初優勝を飾りました!
おめでとうございまーーーす!

全国大会で優勝した鈴木太朗くん

いかにして、彼は全国制覇を成し遂げたのか?
太朗くんご自身と、お父様のダイスケさんから届いたお手紙を、ご紹介します。

太朗くん

足とシューズの一体感がすごいインソール。足裏全体が使える感覚でバランスが取りやすくなりました。

鈴木太朗くん(中学3年)

中1からウェイトリフティングをはじめる。全国男子中学生ウェイトリフティング選手権大会では、中2で3位、中3で優勝を果たす。神奈川県在住。


ウェイトリフティングとの出会い

小学生の時からアメフトをはじめ、今もクラブチームに所属しています。
ウェイトリフティングは、中1から学校の部活ではじめました。
目的は、アメフトのためのカラダ作りでした。
でも、やってみると、部の先輩から刺激を受けたり、他校のライバルたちに勝ちたいと思ったり、だんだんとウェイトリフティングにのめりこんでいきました。

昨年、中2の夏の全中(全国男子中学生ウェイトリフティング選手権大会)では、3位になりました。
この時の試合で、優勝候補だった一つ年上の先輩が、1位と1キロ差の僅差で2位になりました。
その悔しい場面を、目の当たりにし、先輩の悔しさを晴らすことを目標として、練習に励むようになりました。

今年の3月には、自己ベストを大幅に更新。
このままいけば、夏の全中では優勝を狙える、と思いました。

インソールでフィッティングしたシューズで練習を行う太朗くん

川見店主が教えてくれたこと

その頃、父が、インソールのことを調べていて、オリンピアサンワーズのブログを見つけました。
そこで紹介されていたのは、有名なウェイトリフティング選手でした。

そして、インソールを作りに、大阪へ行くことになりました。
インソールで、はっきりと目に見える形で効果が出るか、半信半疑でした。
でも、できることは全部やってみようと思いました。
また、「大阪まで行ってインソールを作った」という「思い出」にもなると思いました。

大会2か月前の5月。
初めてオリンピアサンワーズに行ったとき、川見さんは、足のこと、立つこと、歩くこと、バランスや、ストレッチの方法など、体の事を教えてくれました
まるで「先生」のような存在だと思いました。
専門的な話が聞けるし、とても相談しやすかったです。
それと、足型をとる機械など、初めて見るものばかりで、楽しかったです。

安定と自信と気持ちで優勝!

初めて川見さんが作ったインソールでシューズを履いた時は、驚きました。
足とシューズとの一体感がすごい!
足裏全体が使えるような感覚で、バランスが取りやすくなりました
片足立ちを、永遠にやっていられそうな感じです。

実は、大会の1カ月前に、左膝を疲労骨折しました。
練習が再開できたのは、大会の1週間前でした。
それでも、周囲の反対を押し切って、大会に出場しました。

試合当日は、バランスを意識して練習してきたという自信がありました。
インソールで足元が安定していることが、精神的な余裕を生み、他の選手より有利な状況が作れたと思います
そして、なによりも、「勝ちたい」気持ちが、誰よりも強かったと思います。
結果、自己新記録を更新し、初優勝することができました!

中学記録更新にチャレンジ

ウェイトリフティングの試合では、選手間の「駆け引き」があります。
他の選手の「調子の良し悪し」を見極めて、勝負を決める重量を、自分で刻んで上げていくのです。
そこが、他のスポーツにはない、試合展開の面白さです。

今年の冬は、中学記録更新にチャレンジしたいです!

また川見さんに会えること、次のシューズとインソールを作って貰うことを楽しみにしています!
いつまでも、僕たちのような、学生アスリートを応援してほしいです。

鈴木太朗くん
(神奈川タウンニュースのHPより)
太朗くん

今度は、中学記録更新にチャレンジしたいです!

川見店主

全国大会優勝おめでとうございます!太朗くんの次の目標に向かって、私たちも「チーム」として一緒に挑戦していく気持ちです!

父・ダイスケさんから

求めていたインソールと理論(まず立つ・歩く)にやっと辿り着いた!これがインソールの答えだ!

理想のインソールを求めて

親の目から見ても、息子は小学生の時から、わりと走るのが速いなと思っていました。しかし、動きの重心が「外側に偏(かたよ)っている」という問題点も感じていました。

そこで、彼のパフォーマンスを向上させるために、この「重心の偏り」を矯正・改善する方法はないかと、試行錯誤がはじまりました。
必然的にインソールにも興味を持ち、色々と調べはじめました。

私が求めていた理想のインソールは、

  1. 履きながら重心の矯正ができる
  2. ケガのリスクが無い

この2つが成立するものでした。

しかし、そんなインソールには、出会えませんでした。
当たり前ですが、市販のインソールでは足の形状に完全にはフィットしないため、むしろ無理な負荷からのケガや痛みのリスクが大きいと感じました。
インソールでの矯正は無理なのか、走り方・フォームの改善でしか課題を克服できないのか、とあきらめかけていました。

間違いなく、ここだった!

息子が中2の時、ウェイトリフティングの全国大会で3位の成績をおさめました。
彼の努力を横で見てきましたので、中3ではなんとか優勝させてあげたいと思い、良いインソールはないかと調べつづけていました。
そして、ついに、オリンピアサンワーズを見つけました。

初めてお店に行って、川見店主の話を聞けば聞くほど、「間違いなく、ここだった!」と確信しました。
理想のインソールを探して約10年。
求めていたインソールと理論(まず立つ・歩く)に、やっと辿り着いた!と思いました

息子の変化

オリンピアサンワーズでシューズをフィッティングしてからの息子は、その日の自分のバランスに敏感になったと思います。
競技開始前に、その都度、立った時のバランスに注意するようになりました
結果的に、ケガ・故障のリスクが減ったと思います。
おかげさまで、念願の全国大会優勝を果たせました!

これがインソールの答えだ!

川見店主が作るインソールは、スゴイです!
オリンピアサンワーズは、スゴイ店です!
そして、「この店がスゴイ」と見抜いた私を、褒めてほしいです(笑)。

このお店は、パフォーマンスを追求したい人や、スポーツを長く楽しみたい人には、なるべく早く出会ってほしい存在です
多くのアスリートやスポーツ好きの足が、オリンピアサンワーズを必要としています。
これからも多くの足を救ってください!

関東で「インソールの答え」を探しているアスリート仲間を連れてお店に伺いたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします!

ダイスケさん

多くのアスリートやスポーツ好きの足が、オリンピアサンワーズを必要としています。これからも多くの足を救ってください!

川見店主

太朗くんの努力も、お父様をはじめご家族の応援も素晴らしいです!いただいたお言葉を励みに、私も一緒にがんばります!

カスタマイズも自由自在。最高級のインソール技術をあなたに。

最高級インソールZERO
オーダーメイド・インソールの性能を極限まで高めた「insole-ZERO」。パフォーマンスアップ、ケガ故障防止、疲労軽減、アライメント補正など多くの効果を実証。トップアスリートから小学生・お年寄りまで、日本全国のお客様に求められています。