【登山】靴擦れでお悩みの男性登山家が、命がけで山々を登攀するための登山靴とインソールの例

CLIMBING SHOES

+ INSOLE

登山靴のインソール

命がけで山に登る登山家の靴を、究極のオーダーメイド・インソールZEROでフィッティングします。

お客様はこんな人

お客様データ

人のアイコン
シンヤさん
  • 神奈川県在住
  • 趣味:登山
  • 靴擦れに悩まされる
  • 当店の来店歴 :14年
  • フィッティング歴:8足

自転車で日本一周

14年前、彼は初めてオリンピアサンワーズにやって来た。
当時は大学生で、陸上部の短距離選手。
スパイクシューズをオーダーメイドインソールでフィッティングした彼は、専門種目の400m49秒で駆け抜けた。

大学卒業後、彼は、たったひとりで旅に出た。
必要最低限の荷物をバックパックに詰め込み、ひたすら自転車を走らせた。
寝袋で野宿を繰り返し、北へ、南へと移動しつづけた。
結局、彼は、日本を一周した。

血まみれの下山

ひとつの冒険を終えた彼は、さらなる冒険を求めた。
彼は、ふたたび、旅に出た。
そして、たったひとりで、山に登りはじめた。

「もっと、もっと、新しい景色が見たい」

彼が登攀(とうはん)する山は、どんどん高く、険しくなっていった。

雪山にひとり立つ。ドローンで撮影。
(シンヤさん撮影)

彼は、単独での登攀を貫いた。
命をさらし、ひとり、頂(いただき)を目指す。
自然は、容赦しない。
時に、生死の狭間にいるのを感じる。

「あ、オレの人生、ここで終わったな」

そんな、危険な瞬間を、何回も経験した。

鹿児島県屋久島の永田岳で見た旭日
(シンヤさん撮影)

ある時の登山で地獄をみた。
踵(かかと)に、靴擦れが起こったのだ。
足は、靴の中で、血まみれになっていた。
踏み出すたびに、苦痛で顔がゆがむ。
激痛をこらえながら登頂し、下山した。
そして、思った。

「やっぱり、あの店で、インソールを作ってもらうしかないな」

インソールを「硬め」にした理由とは?

シンヤさん(男性)が、神奈川県からご来店。
命を守る登山靴を、オーダーメイド・インソールでフィッティング。

登山中は、40kgもの荷物を背負う。
その重量を足裏からしっかり支えるために、川見店主は、インソールを硬めの「硬度70度」で作成した。

この登山靴は、雪山でも足を守るために、二重構造のブーツになっている。
インソールを装着したのは、インナーブーツの中。
頑丈なつくりだが、履くたびにひと苦労する。

「これだけ面倒なので、一回履くと、もう脱ぎたくありません」

とシンヤさんは苦笑した。

「だから、フィット感が大事です。靴擦れだけは、もうゴメンですよ」

ブーツに足を入れ、紐を結び、最後にアウターブーツのジッパーを締め上げる。
立ちあがって、うなった。

「ああ、こうなるんですね。インソールで足と靴が、ガッチリと固定されてます。ビクともしません」

シンヤさん撮影の山々の写真↓

靴ずれの原因を探る

実は、彼は、大学卒業以来、折に触れて、川見店主に近況を報告していた。
だから、川見店主は、彼が登山をしていることを知っていた。

今回も彼は、今年の7月に一度、インソールの相談のために来店し、登山靴を置いていった。
それから2か月の間、川見店主は、インソール作成のプランを立てながら、彼の靴擦れの原因を考えていた。
もちろん、彼の「足」と「登山靴」がフィットしていなかったのも、靴擦れの原因のひとつだろう。
しかし、他にも理由がありそうだと思っていた。

川見店主:
「あなたは短距離選手だったから、歩く時『前足部で地面を蹴る』力が強いと思う。すると、足は強く屈曲するのに、このブーツには屈曲性が無いから、足とブーツでケンカになって、靴擦れを起こすのじゃないかな?」

シンヤさん:
「なるほど、あり得るかもしれません」

川見店主:
「だから、このブーツの構造に合わせて、『前足部で地面を蹴る』のではなく、『足裏全体で地面を垂直に押す』ように歩く動きが必要かも」

シンヤさん:
「気をつけて試してみます」

川見店主:
「ちなみに、近々この靴を履いて登山する予定はあるの?」

シンヤさん:
「まだ決まってません。この靴を履くのは、また命がけの山の時ですね(苦笑)」

雷鳥。標高の高い場所にしか生息しない。国の特別天然記念物。
(シンヤさん撮影)

今、シンヤさんが目指す山は、南アルプスの白峰三山。
積雪期に征服したい。
川見店主は、できれば、シンヤさんには、命を危険にさらすほどの登山はやめてほしい、と思っている。

そーゆう意味で、シンヤさんの「ほどほど」のご活躍を祈ります。
どうかご無事で!

川見店主

あんまり危険なことはしてほしくないんだけど。ちゃんと帰ってきてくださいね!

今回のフィッティング費用

  • 足型測定・カウンセリング:4,290
  • インソールZERO:21,780
  • インソール加工費:9,900
  • インソール硬度70°:3,300
  • 中敷型取・特別調整:2,200
  • シューズお持込料:8,800

合計 50,270

カスタマイズも自由自在。最高級のインソール技術をあなたに。

最高級インソールZERO
オーダーメイド・インソールの性能を極限まで高めた「insole-ZERO」。パフォーマンスアップ、ケガ故障防止、疲労軽減、アライメント補正など多くの効果を実証。トップアスリートから小学生・お年寄りまで、日本全国のお客様に求められています。