【ランニング】フルマラソン自己ベスト3時間15分の男性ランナーがジャグリングで42.195kmを走るシューズとインソールの例

RUNNING SHOES + INSOLE
- Runner Sub3.5 -

ランニングシューズのインソール

サブ3.5ランナーのランニングシューズを究極のオーダーメイド・インソール「ZERO」でフィッティングします。

お客様はこんな人

お客様データ

タケシさん
  • フルマラソン自己ベスト:3時間15分
  • ランニング歴:17年
  • 当店の来店歴:12年
  • フィッティング歴:9足

タケシさん(男性)は、マラソンやトライアスロンに挑戦して17年ほど。
フルマラソンの自己ベスト記録は、3時間15分とサブ3に迫ります。

そんなタケシさんですが、「大阪マラソン」を走る時だけは、完走するのに5時間30分ほどもかかってしまうそうです。
なぜなのか?

それは、タケシさんが、ジャグリングをしながら、42.195kmを走るからなのです!

タケシさん

ジャグリングしながら42.195kmを走ったらどうなるか。足じゃなくて肩の筋肉がパンパンになるんですよ(笑)

タケシさんによると、走りながらジャグリングする時は、

タケシさん

自分の速度に合わせて、ボールをやや前方に投げるのがコツですね。

で、難しいのは、

タケシさん

やってみたらわかるんですけど、人間は腕を振らないと前に走れないんですよ(笑)

とのこと。
ちなみに、

タケシさん

海外では世界大会も行われてるんです。ジャグリングとジョギングを合わせて、ジョグリングって呼ばれてます。

しかし、そもそも、タケシさんは、なぜジョグリングをはじめたのでしょう?

タケシさん

大阪の街を盛りあげたいと思ったんです。みんなに楽しんでもらいたいと思ってはじめました!

ジョグリングに至るまでにも、色んな「走法」を試されたというタケシさん。

タケシさん

フルマラソンを「後ろ向き」で走ってやろうと、河川敷で練習してみました。けれど、ダメでした。逆に流れていく景色を見てたら、10kmで酔いました(笑)

わははは。

タケシさん

あと、歩いている人を追い抜くと、対面のまま遠ざかっていくことになって、相当に気まずいです

そんなタケシさんのシューズのフィッティングは、今回で通算で9足目。

コロナ禍で、大阪マラソンは2020年大会が中止、2021年大会は2020年2月に延期され、エリートランナー300人だけのレースとして開催されました。

ふたたびタケシさんが、ボールをポンポンと放り投げながら、大阪の街を走れる日が訪れることを祈ってます!

(ちなみにジャグリングしながらのフルマラソン世界記録は3時間を切るそうです)

今回のフィッティング費用

  • ランニングシューズ :12,100
  • インソールZERO  :21,780
  • 加工費       :5,500

合計 39,380

カスタマイズも自由自在。最高級のインソール技術をあなたに。

最高級インソールZERO
オーダーメイド・インソールの性能を極限まで高めた「insole-ZERO」。パフォーマンスアップ、ケガ故障防止、疲労軽減、アライメント補正など多くの効果を実証。トップアスリートから小学生・お年寄りまで、日本全国のお客様に求められています。