【ランニング】京丹後ウルトラ100kmマラソンを9時間で走る男性ランナーがタイタンを目指すシューズとインソールの例

大阪マラソンを走るオリンピアサンワーズのお客様

RUNNING
Ultra 100km Marathon

ランニングシューズのインソール

サブ3ランナーにして、ウルトラ100kmを9時間で走ってしまう、スーパーハードランナーの3足のシューズを、オーダーメイド・インソールでフィッティングします。

フィッティングする3足

  • ランニングシューズ
  • ランニングシューズ
  • 足を強くする足袋シューズ

①②は究極のオーダーメイド・インソール「ZERO」を装着。
②は「足指グイグイ加工」の足袋型インソールを装着。

ランニングが上達!「足指」を鍛え「前重心」の動きを身につけましょう↓

足を強くする履き物「足袋シューズ×オーダーメイド・インソール」
足を強くする履き物「足袋シューズ×オーダーメイド・インソール」

お客様はこんな人

お客様データ

カズナリさん
  • ウルトラ100km自己ベスト:9時間04分
  • ランニング歴:18年
  • 当店の来店歴:8年
  • フィッティング歴:45足

フルマラソンでは、サブ3の記録を持つカズナリさん。
2011年からは、ウルトラ100kmマラソンにも挑戦されています。

オリンピアサンワーズへの初ご来店は、2014年春。
以来、ずっと当店のインソールをご愛用。

いつも、カズナリさんは、同じランニングシューズを「2足」フィッティングされます。
そして、「毎日、交互に、履き倒す」のが、カズナリさんのトレーニングの流儀です。

今回は、「足を鍛える」足袋シューズもご用意。
これで、カズナリさんとのシューズのフィッティングは、通算で45足となりました。

カズナリさんの、ウルトラ100km自己ベスト記録は、9時間04分
毎年9月に開催される、京丹後100kmウルトラマラソン大会が、カズナリさんの勝負レース。
このレースを中心に、カズナリさんの1年は、めぐります。
夜は9時に就寝。
毎朝のランニングは、もちろん欠かさない。
そして、仕事が休みの日には、早朝から、40kmほどの山道を駆け上り、駆け下り、3時間ちょっとで攻め落とすとか。

京丹後100kmウルトラマラソンを10回完走したランナーには、「TI-TAN(タイタン)」の称号と、特別なゼッケンが与えられます。
カズナリさんは、これまで、8回完走されました。

カズナリさんは、100kmのレース中に苦しくなると、足元に川見店主の存在を感じると言います。

カズナリさん

「あー、ここでこういう風に走れるように、インソールはこんな風に調整されてるんやなー」とわかります。一緒に走ってもろてるんやと思いますよ。

タイタンまで、あと2回。
しかし、残念ながら、2020年と2021年の大会は、中止になりました。

それでも、カズナリさんは、ずっと走り続けておられます。
タイタンの称号を得るその日まで、カズナリさんの春夏秋冬は、走り続けてめぐります。

「たまたま当選した」大阪マラソンを走るカズナリさん。
約2万人をごぼう抜きして3時間ほどでフィニッシュ。

今回のフィッティング費用

  • シューズ+インソール:36,630
  • シューズ+インソール:36,630
  • 足袋シューズ+インソール:28,930

合計 102,190

カスタマイズも自由自在。最高級のインソール技術をあなたに。

最高級インソールZERO
オーダーメイド・インソールの性能を極限まで高めた「insole-ZERO」。パフォーマンスアップ、ケガ故障防止、疲労軽減、アライメント補正など多くの効果を実証。トップアスリートから小学生・お年寄りまで、日本全国のお客様に求められています。