【陸上競技】絶望的な故障に悩む三段跳と走幅跳の選手がオリンピアサンワーズを求めた理由~跳躍ツインズ物語(その1)

陸上競技走り幅跳びで砂場に着地する選手

TRACK&FIELD STORY
LONG JUMP
TRIPPLE JUMP

双子の兄弟

その電話がかかってきたのは午後3時頃だった。
受話器から女性の声。

「突然ですいません。今日は今から予約を入れることは可能でしょうか?」

店はすでに他のお客様で混雑していたし、それからの時間の予約も詰まっていた。
今から予約を入れるのはムズカシイなと思いながら、こたえる。

「どんなシューズのフィッティングをご希望ですか?」

「息子が陸上競技をやっています。三段跳びと走り幅跳びの選手です」

お話を聞くと、その息子さんは強豪高校の選手で、三段跳びでも、走幅跳びでも、相当な記録の持ち主だった。

「ただ、ずっと故障がつづいていて、今はまともに跳ぶことができていないのです」

女性の声には、我が子を思う切なる気持ちがこもっていた。
これはなんとかしてあげないと、と思う。

「わかりました。ただ、お待ちの時間が長くなるかもしれませんし、今日はお話するだけになるかもしれません。それでよろしければ、一度ご来店されますか?」

「わー、よかった!ありがとうございます!」

「それにしても、息子さんは走幅跳びも三段跳びもそんな記録で跳べるなんて、すごい選手なんですね。なかなかひとりでそこまでの競技をこなせません」

「あのー、ちがうんです。双子の兄弟なんです。兄が三段跳びを、弟が走り幅跳びをやっています」

京都の「跳躍ツインズ」

双子の兄弟は、小学生の頃は水泳に夢中だった。
しかし、中学生になったら、ふたりそろって陸上部に入部した。
走ることが好きだったわけではない。
入学した新設の中学校にはプールがなかったのだ。

弟の方は走幅跳びをはじめた。
その理由。

弟:
「中学校の体力測定でやった立ち幅跳びが学年で一番だったので、できるかなと思って。それと、走るのはしんどくていやだなぁと(笑)」

兄の方はとりあえず短距離走をはじめた。
兄は毎日グラウンドを走っていた。
弟は砂場で走幅跳びの練習をしていた。
兄には、弟の走幅跳びの練習がとても「楽そう」に見えた。
兄も実は、「走るのはしんどくてイヤだなぁ」と思っていた。

兄:
「アイツ(弟)だけ楽な練習をしていいなぁ、と思ってました(笑)」

動機がどうあれ、兄は顧問の先生に相談する。
先生、僕も走幅跳びがしたいです。
その時の先生の答えが、兄弟のその後を決めることになる。

「兄弟ふたりで同じ種目をやっても、ふたり一緒には一番になれないだろう?だから兄のキミは三段跳びをやったらいい」

こうして、兄は三段跳び、弟は走幅跳びの「跳躍ツインズ」が誕生した。

兄:
「はじめは三段跳びがなんだかよくわからなくて、四段跳びになってましたけども(笑)」

前途洋々のはずが……

「走ることが好きではない」双子の兄弟であるが、こと跳躍に関しては凡人にはない力を秘めていた。

兄は中学2年生にして京都市の大会で三段跳び優勝、地元の新聞記事になるほど話題になった。
弟は中学3年の時に全中(全日本中学校陸上競技選手権)に出場するまでの選手になった。
ふたりの活躍はめざましかった。
出場する試合の大会記録は、ふたりによって塗り替えられていった。
「跳躍ツインズ」は地元京都では有名になっていた。

お父さん:
「あの頃のふたりは、勝って当たり前、みたいな感覚でした」

中学を卒業し、ふたりは同じ強豪高校の陸上部に入部。
ふたりの将来は前途洋々に思えた。
もちろん全国を舞台に戦う選手になるはずだった。
しかし、雲行きが変わった。
彼らは、ふたりとも、ケガを繰り返すようになった。
故障し、復調しては、また故障した。

それでも彼らは、その非凡な跳躍力にモノを言わせ、自己ベストを更新したり近畿大会にも進出した。
しかし、全国大会と呼ばれる舞台にまでは届かなかった。

絶望の果てに

時間は残酷に過ぎた。
高校生活の2年が過ぎ、3年目を迎えることになった。
故障はつづいていた。
とうとうふたりは、まともに練習することさえできなくなった。
病院や整体に行っても解決には至らなかった。
ある医師からは、

「このまま競技をつづけて、ふたりの体がどうなっても知りませんよ」

と、さじを投げられた。

兄も弟も、絶望的な気持ちで毎日を過ごしていた。
お父さんもお母さんも、そんなふたりを見ているのは辛かった。

お父さん:
「ケガさえなければ、故障しなければ、ふたりがもっと跳べることはわかってるんです。だから、できることはなんでもしてあげたかった。そして、色々調べてこのお店を見つけました」

この店に行けば、何か道が開けるかもしれない。
お母さんは、いてもたってもいられなくなって、その店に電話をかけた。

「突然ですいません。今日は今から予約を入れることは可能でしょうか?」

お父さんは、お母さんと双子の兄弟を乗せて、京都から大阪まで車を飛ばした。
電話をかけてから2時間後には、もう店に着いていた。

こうして、京都の「跳躍ツインズ」と、オリンピアサンワーズとの物語ははじまった。

(つづきます)

この記事は2016年7月に旧ブログで公開したものです。今回、それを加筆訂正し再公開しました。

カスタマイズも自由自在。最高級のインソール技術をあなたに。

最高級インソールZERO
オーダーメイド・インソールの性能を極限まで高めた「insole-ZERO」。パフォーマンスアップ、ケガ故障防止、疲労軽減、アライメント補正など多くの効果を実証。トップアスリートから小学生・お年寄りまで、日本全国のお客様に求められています。