インスタグラムで「いいね!」の多かった投稿24選をご紹介!<後編2019-2022>

Instagram

「いいね!」が多かった投稿24選!

みなさん、こんにちは!

昨日の「前編」にひきつづき、「いいね!」数が多かった(30いいね以上)投稿を、ざざざっとご紹介します!

後編は、<2019-2022年>の投稿の中から、過去の日付順に12選です!

※キャプション(画像の説明)は、インスタでご覧いただけますので、画像をタップしてくださいね!

①女性サブ4ランナーのランニングシューズ

2019年05月投稿。
サブ4女性ランナー・N藤さんのランニングシューズ。
N藤さんは、このシューズで、ウルトラ100kmマラソンを12時間47分で激走されました。

②桐生祥秀選手

2019年10月投稿。
京都洛南高校陸上競技部の祝賀会に川見店主が招待され出席。
OBとしてマイクを握り、祝辞を述べる9秒台スプリンター桐生祥秀選手を川見店主が激写!

③短距離スパイクシューズ

2019年11月投稿。
福井県の高校生MKくんの、短距離スパイクシューズ。

④サブ3ランナーのマラソンシューズ

2019年11月投稿。
サブ3ランナー・サトシさんが、大阪マラソンを疾走したマラソンシューズ。
ちなみに、サトシさんは、大会の本番当日まで、シューズの試し履きを、一切しない。

⑤りゅうきくんの中距離スパイクシューズ

2019年11月投稿。
全国インターハイで活躍した高校3年生(当時)りゅうきくんの中距離用スパイクシューズ。

ちなみに、当店ブログで最も読まれているのは、りゅうきくんのことを書いた、このストーリーです↓

【陸上競技】全中で800mを1分56秒で走った中学生は、なぜ、たった3カ月で6秒も記録を更新できたのか?~りゅうきくんの話(中学編)

たった3ヶ月で800mの記録を6秒も更新し、全中(全日本中学校陸上競技選手権)出場を果たした中学3年生の男の子の話です。(その1)

⑥フルマラソンに挑戦しはじめた女性ランナー

2019年11月投稿。
「ランナー膝(膝腸脛靭帯炎)」を克服して、年間10本ものフルマラソンを走れるようになった、ヨウコさんのランニングシューズ。

⑦65歳のサブ3.5ランナー

2019年12月投稿。
65歳にして、フルマラソンを年間10本以上も走破し、サブ3.5を連発する、K谷さんのランニングシューズ。
走りつづける理由は「おねーちゃんに、モテたいから」。

⑧最多いいね更新!大量のスパイクシューズ

2020年04月投稿。
同年2月に、アシックス関西支社にて、当店とのコラボで特別に行われた、陸上競技シューズの新作勉強会での写真。
「砂浜に打ち上げられたエビの大群」みたいに、大量のスパイクシューズが並ぶ景色は圧巻でした。
「いいね!」数は、当インスタで最多を更新。
6枚に分割して大きく紹介した、その中の1枚で、全体は、当店インスタのホーム画面(っていうのかな?)で見れます。

⑨陸上競技シューズの新作勉強会

2020年04月投稿。
⑧と同じく、アシックス関西支社での陸上競技シューズの新作勉強会での写真。
撮影された2月の時点では、まだ、コロナ感染は猛威をふるってなかった。
この後すぐに、こんな時代がめぐりくるとは、誰も想像していなかった。
マスクをせずに写った、最後の写真。

⑩中2女子の短距離スパイクシューズ

2020年04月投稿。
中学2年生スプリンター、KKちゃんの短距離スパイクシューズ。

⑪タイトくんの中距離スパイクシューズ

2020年04月投稿。
働きながら競技をつづけるタイトくんの、中距離用スパイクシューズ。
この2年後、タイトくんは、全国障害者スポーツ大会(国体)の男子800mで優勝することになる。

⑫高校1年生女子の走幅跳スパイクシューズ

2020年05月投稿。
高校1年生になったMちゃんの、走り幅跳び用スパイクシューズ。
この頃、コロナ感染が拡大しはじめ、世の中は騒然としはじめた。
それでも、みんな、前に進もうとしていた。


以上、後編でした。

今後とも、当店インスタも、当ブログも、何卒宜しくお願い致します!

投稿者プロフィール

ゴリコム
ゴリコム
オリンピアサンワーズのホームページ制作やブログ運営など主にWeb業務を担当しています。ご来店の際はお気軽にお声をかけていただければうれしいです!

履くだけで足指が動きだす!足が強くなる履き物を考えました。

足を強くする足袋シューズとオーダーメイド・インソール
履くだけで「足指」がグイグイと動きだし「前重心」の動きを実現、歩き方・走り方が自然とスムーズになる「TABI(足袋)シューズ」と「オーダーメイド・インソール」の最強コラボです。