【ランニング】ランナー膝(腸脛靭帯炎)で走れなかった男性がフルマラソンを3時間58分で走ってサブ4を達成したランニングシューズとインソールの例

Running Shoes + Insole
Marathon

男性ランナーのインソール

フルマラソンの自己ベスト記録3時間58分の男性ランナーのランニングシューズ2足を、究極のオーダーメイド・インソールZEROでフィッティングします。

お客様はこんな人

お客様データ

Y1Rさん
  • フルマラソンベスト:3時間58分
  • 初フルマラソン:6時間40分
  • ランナー膝(腸脛靭帯炎)に悩まされつづけた
  • ランニング歴:10年
  • 来店歴:9年
  • フィッティング歴:20足
  • 愛知県在住

初フル「6時間40分」

2012年11月、神戸。
人生で初めて、フルマラソンに出場した。
レース当日まで、練習は、一切しなかった。

Y1Rさん

お祭り気分で申し込んだんです。『42kmくらい、まぁ、なんとかなるだろう』ぐらいに思ってました。

もちろん、「なんとも」ならなかった。
「どえらい目」にあった。
体中が悲鳴をあげた。
変な汗をかき、足をひきずりながら、42.195kmを「完歩」した。
フィニッシュまで、6時間40分かかった。

「奇跡のインソール」

なめてかかっていたフルマラソン。
悔しくて、ランニングをはじめた。
しかし、走れば走るほど、膝が痛くなった。
いわゆる「ランナー膝(腸脛靭帯炎・ちょうけいじんたいえん)」である。
自分なりに調べて、色んなシューズもインソールも購入しては散々に試してみた。
しかし、何ら解決には至らなかった。

試行錯誤を繰り返すこと1年。
大阪にある店を見つけた。
愛知県から新幹線に乗って、店にオーダーメイド・インソールを作りに行った。
その店の店主に言われるままに、2足のランニングシューズをフィッティングした。
2013年の、年末のことだった。

そのわずか1か月半後。
2014年2月、京都。
3回目のフルマラソン挑戦。
今度こそは、一度も歩かず、一度も立ち止まらなかった。
5時間07分で「完走」できた。
心配していた膝の痛みは、まったくなかった。
驚いた。
このまま、愛知県の自分の家までも、走って帰れるんじゃないかと思った。

Y1Rさん

『奇跡のインソールに、やっと出会えた』って、思いました!

サブ4達成と「不審電話」

その後、フルマラソンを走る度に、着実に自己ベストのタイムを更新していく。

  • 2014/10 大阪 4'53'41
  • 2015/02 京都 4'13'39
  • 2015/11 神戸 4'06'57
  • 2016/04 徳島 4'04'38
  • 2017/03 静岡 4'02'53
  • 2017/03 徳島 4'00'40

そして、2018年3月、徳島。
遂に、フルマラソンを3時間58分で完走し、念願のサブ4を達成。
フィニッシュした直後、この感動を、「あの人」に伝えたい、と思った。
汗もぬぐわず、呼吸が落ち着くのも待てず、手持ちのスマホで、大阪にいる「あの人」に電話をかけた。

日曜日の昼下がり。
川見店主が電話に出ると、男性の荒い吐息が、漏れ聞こえてきた。

「ハァ、ハァ、ハァ……」

川見店主は、「これは不審電話だ」と思った。

Y1Rさん

これまでの苦労をすべてわかってくれる人に、サブ4の感動を伝えたかったんです。感無量でした。
帰りの新幹線は、自分へのご褒美で、新神戸から名古屋までグリーン車に乗ってやりました!

4年ぶりのサブ4へ

ここ数年、コロナ禍の影響で、マラソン大会は軒並み中止に追いやられた。
今年になっても、感染の波は、押したり、引いたりを繰り返した。
Y1Rさんは、お仕事柄、遠距離の移動さえも、ずっと厳しく制限されていた。

今回の来店は、2年ぶりだった。
レース用と練習用のランニングシューズを、それぞれオーダーメイド・インソールでフィッティングした。
これでYさんとのシューズのフィッティングは、通算で20足目となった。

今シーズン、Y1Rさんは、11月に岡山、12月に奈良のフルマラソンのレースに出場する。
その意気込みを訊いてみた。

――:Yさん、今シーズンの目標タイムを教えていただけますか?

Y1Rさん

3時間59分ですね

――:4時間を切ろうと。しかも、1分だけ。

Y1Rさん

4年ぶりのサブ4を狙います。まぁ、みててください。こう見えて、ボクは『Y・D・K』(※)ですから

ご健闘をお祈りいたします!

※【Y・D・K】「やればできる子(Yareba Dekiru Ko)」の略

トレイルランにも挑戦するY1Rさん。膝は「いくら走っても、もう痛くならない」

今回のフィッティング費用

  • 練習用ランニングシューズ:9,350
    • インソールZERO:21,780
    • インソール加工費:5,500
  • レース用ランニングシューズ:15,400
    • インソールZERO:21,780
    • インソール加工費:6,600

合計 80,410

カスタマイズも自由自在。最高級のインソール技術をあなたに。

最高級インソールZERO
オーダーメイド・インソールの性能を極限まで高めた「insole-ZERO」。パフォーマンスアップ、ケガ故障防止、疲労軽減、アライメント補正など多くの効果を実証。トップアスリートから小学生・お年寄りまで、日本全国のお客様に求められています。