【陸上競技】短距離スパイクシューズとトレーニング用シューズのインソール~実業団棒高跳び選手の例

SPIKE SHOES + INSOLE
- Pole vault -

3足のシューズとインソール

棒高跳び選手のための短距離スパイクシューズをはじめ、3足のシューズをフィッティングします。

フィッティングする3足

  • 短距離スパイクシューズ
  • アップシューズ
  • 足を鍛える足袋シューズ

①②は究極のオーダーメイド・インソール「ZERO」を装着。
③は「足指グイグイ加工」の足袋型インソールを装着。

陸上競技のスパイクシューズに、オーダーメイド・インソールを装着できるのは、世界でオリンピアサンワーズだけ(多分)です。

当店のオーダーメイド・インソールは、「日本陸上競技連盟競技規則」を遵守して作成しております。

競技力アップのためには「足指」を鍛え「前重心」の動きを身につけましょう↓

足を強くする履き物「足袋シューズ×オーダーメイド・インソール」
足を強くする履き物「足袋シューズ×オーダーメイド・インソール」

お客様はこんな人

お客様データ

人のアイコン
Rくん
  • 社会人
  • 専門種目:棒高跳び
  • 自己ベスト:4m90cm
  • 関西実業団選手権優勝
  • 当店の来店歴:中学~
  • フィッティング歴:18足

Rくん(と親しみを込めて呼ばせていただきます)が、初めてオリンピアサンワーズにやってきたのは、15年前の春。
彼は、府内でも指折りの進学校に入学したばかりでした。
中学時代から専門種目は棒高跳び。
以来、当店でシューズをフィッティングするようになりました。

彼はいつも熱心で、来店するたびに、強くなるための練習やアドバイスを川見店主に求めました。
高3の時は、棒高跳びで近畿大会まで進みました。

その後、名門大学に現役合格。
もちろん、陸上競技部に入り、棒高跳びも続けました。

大学卒業後は大手企業に就職。
社会人としての忙しい日々。
しかし、彼の体は「宙に舞う」ことを求めたようです。
6年ぶりにオリンピアサンワーズに来店し、棒高跳び用のスパイクシューズをフィッティングしました。

6年ぶりに社会人のRくんにフィッティングした棒高跳びスパイクシューズとアップシューズ

競技を再開した彼は、現役時代なみの記録に到達。
2020年の関西実業団選手権では、4m60cmを跳び優勝しました。

今回、来店した彼のテーマは「スピード強化」。
川見店主は、上記の3足のシューズを用意し、オーダーメイドインソールでフィッティング。
これで彼にフィッティングしたシューズは、通算18足となりました。

「学生時代より今の方が、知識と経験が増えた分、競技を深く楽しめるようになりました」

と笑うRくん。

これからもオトナの陸上競技をつづけてほしいです。

今回のフィッティング費用

  • スパイク+インソール :50,688
  • シューズ+インソール :47,334
  • 足袋+インソール   :35,200

合計 133,232

五輪代表選手から小学生まで。みんな自己新記録を更新しました。

陸上競技場のトラックでスタート位置につく選手
多くの優秀な選手たちをサポートしてきた歴史と実績。最高級のオーダーメイド・インソール技術と、豊かな経験に裏打ちされたオリンピアサンワーズのトータルサポートが、あなたを自己ベスト記録へと案内します。